2011 Summer Trip “四国編”

8月25日(木)
広島を出発した俺は、高知に向かっていた。
連日雨の予報ははずれ、この日も晴れていた。しかし、雲行きがどうも怪しい。

旅の予定が一日遅れてしまっていた為、今日はなんとしてでも明るいうちに
Surf Pont の高知県生見海岸まで向かいたかった。
広島から走ること1時間ほどで、四国と本州を結ぶ瀬戸大橋が見えてきた
ここにも3年連続で来ているが、日がでている内に到着したのは初めてだった



こんな螺旋の道路を下るとSAがある。怪しかった雲もなんとかもち、
まずは瀬戸大橋が見渡せるSAで休憩をした。



鉄道道路併用橋としては世界最長の瀬戸大橋
本州と四国を結ぶこの橋はいつ見ても圧倒される



俺は写真に撮られるのが大嫌いだが、後になってこんな写真が出てくるとうれしかったりする。



足早に瀬戸大橋を離れた俺は、いよいよ四国へ入った。

愛媛を高速で抜け、降りた場所は高知県の南国
なんとも素敵な名前の場所だが、高知はよくも悪くも本当に田舎町だ。
ここから Surf Point までまだ 100km はあったかと思うが、
片側一車線の下道 55線をひたすらを走る。



1時間ほどかけて室戸岬に到着
天候は嵐のような最悪の天気、四国の荒波が間に合うかどうかの不安をさらに掻き立てた。
このときすでに15時を回り、日が沈み初めていた。
今日の Surf を諦めるなら宿を探さなければいけない時間。
だが諦めきれない。たとえ間に合ってもこの天気では最悪のコンディションかもしれない。
そんなことを考えながら先を急いだ



16時過ぎ生見海岸に到着。多少雨が降ってるものの、まだなんとか海に入れる時間
波はどうだ!?よし問題ないコンディション。
俺は急いで車を止めて、準備をし、海に向かって走った。

波は一昨日の宮崎とは明らかに違うハードなコンディション。波の高さは胸肩と行ったところだった。
なかなか沖に出れずにてこずったが、20分はパドルして、なんとか落ち着く場所で波待ちをした。
沖にでてしばらくすると後光が射してきた。さっきまでの嵐が嘘だったかのような天気。

四国の波はとにかくパワフル。ビビッてると全く乗れない。
意を決して掘れた波に挑んだ俺は、 Surf 人生の中で最高の一本を Make できた。

言葉はかっこいいが、俺もまだ始めて今年で3年目。ただのど素人だ。
だが最高に気持ちのいい一本だった。
この日は日が完全に沈むまで Surf  に明け暮れた。



ここのホテルはここ数年、毎年泊まっていたホテル。
部屋から波の様子を見て、すぐに海に出られる最高の所だ。
海から上がった俺は、明日もう一日ここで Surf するか悩みに悩んだ。
天候がよければ、ものすごく綺麗なオーシャンビューを写真に収めることができる
だが旅の予定が一日遅れている。しかも明日も天候は悪そうだ。



悩んだ結果、四国を出ることに決めた。
旅の予定が1日遅れてたこともある、だがそれ以上に連日の移動で疲れもピークに達していた。
俺は四国を出て、大阪に向かうため、徳島に向けて車を走らせた。
ここからも高速道路はなく、ひたすら山を越えながら下道を走る。
SUrf のここちよい疲れが眠気を襲う。うとうとしながらなんとか鳴門までやってきた。



日もすっかり暮れ、このときすでに23時近くだったと思う
そんななか、今まで見た夜景の中で一番だと思う絶景が目の前に飛び込んできた。
慌ててSAによった俺は、この景色にやられた
雨上がりの晴れた空、関東近辺とは明らかに違う澄んだ空、人工の光に圧倒された。

明石海峡大橋

思わずシャッターを切ったがしばらくして橋は消灯となった。
まさかこんな素敵な夜景を見られると思っていなかった。
別に夜景が好きだったり、ロマンチックではないが、ここの夜景は特別だと思う。



この夜景が見られる場所にあったこれ。
こんなところを知らずに連れてこられた女の子は100%落ちると思う。
写真では伝えきれないほどここはすばらしい!



あの綺麗だった橋を超えて大阪へ向かうはずだったが、
いつも泊まる Tattoo が入っていても入れる温泉がある宿の予約が取れない。
他にいいホテルもなく、とりあえず神戸へ向かった。
神戸まで来ると、首都高のような高速道路で、大阪で降りる前の最後PAは、
高速道路のすぐ脇の簡易的なものだった。

ここに到着した時には翌日の1時を回っていたこともあり、疲れてそのまま眠りについた。
旅の予定もなんとか軌道修正できそうな感じ。明日は大阪だ!



UNDER GROUND... Hiro

コメントがある方はこちらからどうぞ

*
*
* (公開されません)

Copyright (c) UNDERGROUND & BULB PLANTER All Rights Reserved.